法事・法要の引き物はどんなものを用意するべき?相場や渡すタイミングについても紹介

最終更新:2021年6月18日

法事・法要の際には、遺族の方は参列いただいた方に対して渡す引き物を用意する必要があります。
しかし、引き物にどんな品物を用意すればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。今回は、引き物の品物や、相場、渡すタイミングなどについて解説します。

  • 目次

引き物について

そもそも引き物とはどのようなものなのでしょうか。また、引き物を渡す際のルールやマナーにはどのようなものがあるのでしょうか。
特に、初めての法事・法要の際は分からないことが多いですよね。
引き物の相場や渡すタイミング、作法などについて見ていきましょう。

引き物とは

引き物とは、法事・法要の参列者へお礼の意味を込めて渡す品物のことです。
法事・法要には初七日、三十五日、四十九日までの追善法要や、一周忌、三回忌、七回忌などの年忌法要などがあります。
引き物は基本的に、それらの法事・法要に参加していただいた方々全員に渡します。

引き物の相場は?

引き物の相場は、法要後の会食費用と合わせて1万円程度が目安となっています。

つまり、2,000円~5,000円程度が相場です。

お葬式で香典をいただいた場合の引き物の相場は、香典の額の3分の1から半分程度が基本とされています。
法事の香典の相場は、会食がない場合は1万円程度、会食がある場合は1∼3万円程度であるため、香典をいただいた場合も、2,000~3,000円程度が引き物の相場です。
また、高額の香典をいただいた場合は、香典の額の3分の1から半額くらいになるように引き物とは別途で、後日香典のお返しをします。

渡すタイミングについて


引き物は、法要や会食が全て終わり、参列者が帰宅するタイミングに手渡しするのが一般的です。
法要後に会食会場まで移動することも多く、参列者の荷物になってしまうので、参列者が帰宅するタイミングで渡すのが最適でしょう。
引き物を渡すときは、お礼の一言を添えながら世帯ごとに手渡しをするのが理想的です。
しかし、参列者が多い場合には、会食会場の席に引き物を置いておいても問題ありません。その際は、最後の挨拶時に引き物をお持ち帰りいただくためのアナウンスを入れましょう。
また、法要の欠席の方から香典のみをいただいている場合は、後日引き物を郵送や宅配便で送ります。

渡す際の作法は?


法事・法要の引き出物には、のし紙(かけ紙)をかけて渡します。
表書きの書き方は地域よって異なり、西日本では「粗供養」、中国・九州地方では「茶の子」などの書き方をします。
書き方は、宗派によっても異なるので確認するようにしましょう。しかし、地域や宗派のしきたりがよく分からない場合や不安がある場合には、全国的に使用されている「志」を書きましょう。
また、のしの水引きは、黒白、藍銀、黄白などの結びきりを選び、のし下の名前は施主の苗字を濃い墨で記入します。

引き物の品物はどんなものが良い?

引き物選びの基本は、「後に残らないもの」「日持ちがするもの」「好みが分かれないもの」などがあげられますが、さらに参列者が持ち帰りやすい軽くてかさばらないものがおすすめです。
賞味期限が長いお菓子や食品、生活に欠かせない洗剤やタオルなど生活に便利なものや、いくつあっても困らないものの人気が高いです。

消え物


引き物の定番は、消え物です。
消え物は、食品や洗剤、石鹸などの、食べたり使ったりしたら消えるもののことを言います。迷ってしまって決められないという場合は、食品や日用品の詰め合わせがおすすめです。3,000円や5,000円などの予算に応じた引き物が簡単に見つかります。
また、参列者に高齢の方がいる場合は、できるだけ軽いものを選ぶようにしましょう。

お菓子


お菓子の引き物も定番となっています。引き物のお菓子は、洋菓子と和菓子のどちらでも問題ありません。
個袋入りのお菓子や詰め合わせのお菓子は、価格のバリエーションが多くあり、予算の調整がしやすいのでおすすめです。
参列者に少人数世帯や1人暮らしの方が多い場合は食べきれない可能性もあるので、賞味期限が長いクッキーやマドレーヌ、おせんべいなどの焼き菓子が良いでしょう。

引き物にもご利用いただける「QUOカード」


QUOカードの引き物もおすすめです。QUOカードを引き物にするのはマナー違反では?と思われる方もいるかもしれませんが、「後に残らず」「日持ちがして」「相手の好みがわかれにくいもの」という引き物の基本的な選び方に実はぴったり合っており、さらにカード1枚とかさばらないため、持ち運びがしやすいというメリットがあります。

オリジナルデザインのQUOカードで故人を偲ぶ方も

最近では、故人にちなんだ想い出の写真を使ったオリジナルデザインのQUOカードを法事や法要の引き物としてご利用いただく例もあります。
「後には残さない」のが定番の引き物ですが、オリジナルQUOカードなら使い終わっても、いつでも故人を偲ぶことができる引き物として選ばれているようです。

まとめ

いざ用意をしようとすると、マナーや相場など迷う事も多い法事・法要の引き物選びですが、大切なのは故人を偲ぶために参列してくださった方へ感謝と労りの気持ちが伝えることです。
QUOカードなら全国約6万の身近な店舗で使用することができるため利便性が高く、軽くてかさばらないので参列者にも喜ばれる引き物となるでしょう。オリジナルデザインのQUOカードもオンラインストアから簡単に購入することができるので、ぜひご利用ください。

関連コラム記事

気軽にお買い求めいただけるギフトカードです

常時100種類以上のデザインからお好きなQUOカードを購入いただけます。 オリジナルデザインのQUOカードはオンラインストアで受け付けております。

QUOカードは最寄りの窓口販売店やコンビニエンスストアでお気軽にお買い求めいただけます。