入学内祝い・お返しの今更聞けない基本マナー紹介

2020年03月18日

新生活の準備に忙しくなるこの季節、入学を控えている方は、そろそろ入学祝いをいただいた人もいるのではないでしょうか。
入学祝いをいただいたら、お返しをしなくてはなりませんよね。しかし、実際にお返しをしようと思うとどのようにお返しをすべきか迷うことはありませんか。
そこで今回は、入学内祝いの基本マナーとお返しにおすすめのアイテムをご紹介します。

入学内祝いとは?そもそも必要か?

入学内祝いとは、「入学祝い」として子どもの門出を祝ってくださった人に渡すお返しのこと。これからも子どもをあたたかく見守ってもらえるように、お礼の気持ちを内祝いとして伝えるといいでしょう。
そもそも「内祝い」とは、お祝いごとの喜びを一緒に分かち合うための贈り物のことを意味します。祝ってくださった方に対して「うれしいことをおすそ分けする」気持ちも込めて、内祝いを用意することをおすすめします。
本来は「内祝い」と「お返し」とは意味合いが異なるものでしたが、最近ではお返しの意味として内祝いが使われるようになってきています。
ただし、入学祝いには、お子さんが安心して勉学に励めるように学用品などに使ってもらいたいと援助する意味合いが込められているので、「お子さまへのお祝いなので、お返しはいらない」と考える地域もあります。地域によって内祝いのしきたりが異なるので、住んでいる地域の人に尋ねてみてもいいでしょう。
また、入学内祝いは、お祝いをいただいた相手に合わせてどんなお返しするかを決めるのがおすすめです。
例えば、お子さんのおじいちゃんおばあちゃんであれば、お返しとしてお子さんの晴れ姿を見られることが1番うれしいものです。お祝いも、物入りな時期の足しになれば…と援助してくれている意味合いが高いといえます。そのため、お返しとして一般的なアイテムを贈るよりも、入学式の写真を渡したり、子どもからのお手紙を渡したり、一緒に食事をする機会を設けたりするのがいいでしょう。

入学内祝いの相場は?

親戚や知人から入学祝いをもらったときは、いただいた金額の3分の1から半分くらいを相場に考えてアイテム選びをしましょう。
品物をもらって金額がわからないという場合は、大体これくらいだろうという予想でOK。厳密である必要はありません。あまり高価なものを選んでしまうと、むしろ相手に気を遣わせてしまうので注意しましょう。

今更聞けない入学内祝いの基本マナー

ここからは、入学内祝いに関するマナーをみていきましょう。

入学内祝いを贈る時期とは

入学祝いは「入学式が済むまでに贈るもの」というマナーがあるので、早めにいただくことが多いでしょう。いただいたらすぐにお返しをしたくなりますが、入学内祝いは入学式のあとに渡すのが一般的です。入学式が終わったあと2週間から1カ月以内に渡すのがいいとされています。
お子さんも一緒に訪問して直接お礼をできるのが1番です。遠方で直接お礼を言いにいけない場合は、お子さん直筆のお礼状を入学内祝いに同封することをおすすめします。
ただし、入学内祝いを贈るのは2週間後から1カ月後だとお伝えしましたが、入学祝いをもらったらすぐにお礼の連絡をすることは忘れないようにしましょう。
電話をする際は、必ず子どもからも直接お礼を伝えることをおすすめします。

入学内祝いの水引やのしはどうすればいい?

入学内祝いの水引は、紅白蝶結びを選びます。入学は何度あってもおめでたいことなので、何度でも結び直せる蝶結びが適しています。
表書きは上に「内祝」または「入学内祝」とし、下は子どもの名前を書いて贈るのが基本です。
のし紙のかけ方は包装紙の内側にかける「内のし」にするのが一般的。ただし、地域によって違いがあるので、住んでいる地域の基本を確認しましょう。

入学式の内祝いでおすすめオリジナルQUOカード

入学内祝いの相場やタイミングなどの基本マナーを抑えたら、いよいよ品物を選ばなくてはなりませんね。
相手の好みをよく知っている場合は、金額と相談しつつ品物を選ぶことができますが
普段なかなか会えない遠方の親戚などの場合は品物選びも難しいものです。
そこでおすすめなのがオリジナルで作れる「QUOカード」です。お子さんの写真を使ってオリジナルデザインの「QUOカード」が作れるので、感謝の気持ちとともに喜びのおすそわけができるので、気心の知れた親類や知人にお返しする入学内祝いにはぴったりです。5枚から注文が可能で、制作には約2週間かかるので、入学式前にいただいた入学祝いを整理してお返しする分を把握したあと、すぐに注文するのがおすすめです。

まとめ

入学内祝いは、贈ることが必須のものではありません。しかし、感謝の気持ちを表すにはもってこいの方法です。
お祝いの気持ちを示してくれた方に「うれしいことのおすそ分け」をしてみてはいかがでしょうか?

5枚からカンタンに作れるQUOカード

5枚からカンタンにオリジナルQUOカードがつくることができます。自分だけの写真やイラストを使って、またはサイト上にご用意した画像から好きなものを選んで、あなただけの素敵なQUOカードをつくってみませんか?

QUOカードPayならスマホで簡単に贈れます

デジタルギフトの新定番、QUOカードPay(QUOカード ペイ)。メールでURLを送るだけで、手間も送料かからず簡単にプレゼントでき、利用時もアプリ不要で誰でも気軽に使えます。

あわせて読みたい

お花見の準備で悩んでいる方必見!おすすめアイテムリスト紹介

選ばれる卒業記念品とその相場は?おすすめはオリジナルQUOカード!

出産祝いで選ぶべきご祝儀袋やお祝いのマナーとは?

成人祝いの相場やマナーの紹介

季節の節目に、記念日に、大切な人にQUOカードを贈りませんか?