還暦祝いとは?基礎知識と現代のお祝いの紹介

2019年12月11日

還暦が60歳を表す、ということは有名ですよね。家族や親戚などの身近な人が還暦を迎えたら「還暦祝い」をするのが一般的です。
今回はそんな還暦祝いの基礎知識と、時代によって変化してきたお祝いの仕方を紹介します。

還暦祝いとは?どんな意味があるのでしょうか?

還暦祝いとは、満60歳・数え年で61歳をお祝いする会のことです。
昔は60歳が長生きの分類に入っていたことから長寿をお祝いする行事でしたが、最近は医療の発展によってまだまだ長寿とはいわれなくなってきました。

そのため、昨今では還暦祝いは長寿のお祝いではなく「今までありがとう、これからもよろしくね」という気持ちを伝えるための会として開いていることが多いといわれています。

そんな還暦祝いには「干支」が関係しています。というのも、還暦は「十干十二支」が一巡し、干支に還ることに由来しています。「暦が一巡するまで長生きした」とお祝いしたことがきっかけです。由来を聞けば、還暦という文字が「暦が還る」と書くのも納得ですよね。
「あれ?干支は12種類だけではないの?」と感じた方もいるかもしれませんが、干支は12種類の「支」と10種類の「干」から成っています。
「支」は【子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥】で、よく耳にする12種類。そして「干」が、あまりなじみのない【甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸】の10種類です。この2つが組み合わさることで干支が完成します。その数が全部で60種類なのです。
そのため、同じ子年でも60年経たなければ「干」も一緒の子年は来ません。

昔は生まれた時点を1歳とし、お正月を迎えるたびに年を重ねる「数え年」で年齢を数えていたため、数え年の61歳でお祝いしていました。しかし、最近は満60歳の誕生日やその前後でお祝いの会を開くことがほとんどです。どちらを選ぶかは本人の意向に沿うのがベストでしょう。
還暦祝いをはじめとした長寿祝いは、家族や親族、友人が一堂に集まるきっかけになります。せっかくの機会ですから、盛大にお祝いしてあげましょう。

時代が変わるにつれて贈り物も変化している?現代の贈り物とは?

祝いの定番の贈り物として有名なのが「赤いちゃんちゃんこ」です。赤いちゃんちゃんこを贈るのは、2つの理由があるといわれています。
ひとつは、還暦が生まれた干支に還るため、赤ちゃんに戻るという意味です。
もうひとつは、赤いものが持つ縁起のいい効果・魔除けの効果を得るためです。還暦の年が男性の厄年にあたることから、この意味が生まれたといわれています。
昔は、生まれたばかりの子どもに魔除けの効果があると言い伝えられていた赤い産着を着せていました。その風習が「赤ちゃんに還る」還暦のお祝いに、赤いちゃんちゃんこや赤いずきん、赤い座布団といった赤をモチーフにしたアイテムを贈ることへと繋がったのです。
最近は、赤いちゃんちゃんこにこだわることなく、赤いグッズをプレゼントするのが一般的になっています。

現在では、60歳というのはまだまだ現役といわれていますが、老後のことを考えはじめる節目であることに違いはありません。還暦を迎える誕生日やお祝いの会では、これまでの感謝の気持ちや労わりの気持ちを伝えると良いでしょう。
また、お祝いの仕方も時代によって変化してきています。昔は還暦を迎える人が主催となってお祝いの会を開いていましたが、最近では家族や親戚などの身近な人が主催でお祝いの会を行うことが一般的です。
お祝いの会は、本人や身近な人のスケジュールが合いやすい日にちを選ぶのが1番です。身近な人が近くに住んでいる場合は、誕生日当日や誕生日を迎えた週の週末などに開催することが多く、遠方に住んでいる家族が多い場合は、集まりやすい大型連休や年末年始に開催することが多いといわれています。

ちょっと特別な気持ちになる名入れギフト紹介

還暦という特別な節目には、赤いグッズだけではなく名入れギフトを贈るのもおすすめです。ここからは、特別感を醸し出せる名入れギフトをご紹介します。

文房具

毎日使う文房具は、名入れをしてプレゼントすることで、日々に少しの特別感をプラスしてくれること間違いなしです。普段は自分で買わないような質のいい文房具を選んであげることをおすすめします。

グラス・湯呑み

グラスや湯呑みといった食事と一緒に使うアイテムを名入れにして贈ることで、食事の時間を彩ってくれます。両親や親戚が食器類にこだわりがあり、特定のブランドを集めているといった事情がある場合は、事前にこだわりをそれとなくリサーチしておくとい良いでしょう。

お酒

お酒好きの相手には、名入れのお酒を贈るのもおすすめです。名前だけではなくメッセージをボトルに記入できるものもあるので、チェックしてみてください。

フォトフレーム

名前やメッセージを入れたフォトフレームもギフトとしてぴったりです。お祝いの会で撮影した記念写真を入れて飾っておけるので、部屋に特別な思い出をプラスできるでしょう。

QUOカード

贈り物に迷ったら、相手に使い方を委ねられるQUOカードもおすすめです。普通に贈るのではなく、名前や感謝のメッセージを入れて世界に1つだけのQUOカードを作ってみてはいかがでしょうか?

感謝の気持ちを丁寧に伝えること

名入れギフトはそれだけで感謝の気持ちや特別感を演出できるアイテムです。還暦という節目のお祝いに、名入れギフトをぜひ採用してくださいね!

QUOカードは全国共通の商品券(プリペイドカード)です。このステッカーのあるお店で代金のお支払いにご利用いただけます。会計の際にレジにてお出しください。

5枚からカンタンにオリジナルQUOカードがつくれます。自分だけの写真やイラストを使って、またはサイト上にご用意した画像から好きなものを選んで、あなただけの素敵なQUOカードをお作りいただけます。

用途に合わせて、のし紙・のしケースに名入れができます。

また、オリジナルデザインの中からシーンに合わせたケースをお選びいただけます。

あわせて読みたい

叙勲・褒章とは?受章した場合のお返しは?いまさら聞けない基本マナー

長寿祝いの基礎知識とおすすめギフト紹介

【還暦祝い】何を贈ればいい?相場はどのくらい?

初めての七五三 お祝いのお返しの相場は?

季節の節目に、記念日に、大切な人にQUOカードを贈りませんか?