QUOカードPay(法人のお客さま)トップ > 活用事例 > 万単位の応募や300万人の集客を実現。少額大量配布 できるデ...

万単位の応募や300万人の集客を実現。少額大量配布 できるデジタルギフト

株式会社フジテレビジョン 様

株式会社フジテレビ 様 画像1

フジテレビが独自に開発した新しい形の体験型CMシステム「C×M シーバイエム」を活用したキャンペーンでQUOカードPayをインセンティブに採用。CM1回で万単位の応募や、番組での300万人の集客など、手応えを感じられる結果となりました。

検討のきっかけと選定のポイントは?

「アプリ不要、個人情報取得不要のコンセプトにフィット。視聴人数が多い番組 との相性も抜群でした。」

「C×M シーバイエム」はフジテレビが独自に開発した新しい形の体験型CMシステムです。CM、またはテレビ番組の放送中に表示される二次元コードをスマートフォンで読み込むことで、視聴者は放送内容と連動したコンテンツをスマートフォン上でリアルタイムに体験できます。アプリやアカウント登録などの個人情報が不要なので視聴者はスマートフォンを持っているだけで参加できます。この仕組みを活用したキャンペーンを実施するにあたり、より多くの参加者に届けることができるインセンティブを検討した結果、QUOカードPayを採用しました。

スマートフォンとテレビが連動し、 視聴者が参加できる。

スマートフォンとテレビが連動し、 視聴者が参加できる。

アプリも個人情報も不要な「C×M シーバイエム」を活用したキャンペーンで、リアルのギフトを送るために氏名や住所を求めてしまうと、せっかくのシステムのコンセプトが失われてしまいます。また、郵送で発送すると宛て名書きや郵送費などの付帯コストも発生します。デジタルギフトであれば発送コストがかからない分、当選者数を増やすこともでき、当選から受取りまでのタイムラグもなく、当選者には「テレビを見ているだけ、CMを見ただけで得をした」という体験をしていただけました。また、利用者個人の銀行口座などに紐づいている電子マネーを送ると、セキュリティの懸念も発生してしまいます。こうした点を踏まえ、アプリなどの外部サービスや個人情報の登録を必要としないQUOカードPayが最適でした。

「自由に金額設定ができ、発送コストも不要。 数万人規模のキャンペーンに 非常に適していました。」

QUOカードPayは50円以上であれば自由に金額設定が可能だという点も、大きなアドバンテージだと感じています。例えば、配る側の要望に合わせて“語呂合わせ”のような金額で発行することも可能です。『フジテレビの日に88円や888円プレゼントします』ということができるので、コンテンツとしての拡張性もあります。朝の情報番組「めざましテレビ」内のキャンペーンなどの実績から、100円程度の小額のものを多くの人に配ることが効果的であることはわかっていました。ただ、仮に100円相当の実物のギフトがあったとしても、それ以上の発送コストがかかってしまいます。全国放送などで行う大規模キャンペーンは対象者が数万人規模に達するので、個人情報も取らない、発送コストもないデジタルギフトの方がよいのです。また、限られた予算内でより参加者を集めたいときは、金額を調整して当選者数を増やすこともでき、その柔軟性は多数の視聴者を相手に行うテレビのキャンペーンに非常に適していました。

「QUOカードの認知度の高さと、全国のローソンで使える POINT QUOカー ドPayの利便性が条件に合致。」

QUOカードは認知度が高いため、QUOカードPayになっても受け取り側の心理的な抵抗は少ないと思います。「Payって何、使い方は?」という疑問はあるようですが、そこに対する苦情は聞いていません。QUOカードの仕組みはすでに多くの人に認知されていると感じます。我々のように全国放送の番組で実施するキャンペーンとなると、当然ながらインセンティブも全国どこでも使える利便性が必要でした。その点でもQUOカードPayは全国のローソン各店などで利用することができるので条件に当てはまっていました。

キャンペーンの結果、手応えは?

「CM1回で万単位の応募や、番組での300万人の集客など、手応えを感じられ る結果となりました。」

500万アクセス・ユニークユーザー約300万人

「FIVBワールドカップバレー2019」中継内で放送された日産自動車の「日産デイズ」のCMではじめてQUOカードPayを導入しました。応募すると抽選で1名に日産デイズをプレゼントするキャンペーンも実施しましたが、さらに、より多くの視聴者に参加してもらうため、コンテンツ内のクイズに正解すると毎回1万名、実施5日間で合計5万名に最高1万円分のQUOカードPayをプレゼントしました。日産デイズ1台というのはインパクトもありキャンペーンの目玉としては効果があります。ただ、視聴者が自分に当たると思えるかというと難しさがあります。より多くの人に気軽に参加してもらうためには、少額でも当選者を増やす方が喜んでもらえるだろうと考えました。これによりCM1回の放送で万単位の応募を記録。クライアントである日産自動車の担当者にも非常に喜ばれ、手応えを感じられる結果となりました。

多くの視聴者が発生するような番組では、QUOカードPayを継続的に活用しています。「爆笑ヒットパレード」では、全体で500万アクセス、ユニークユーザー(UU)で約300万人を集めることができました。これはなかなか出せない数字です。番組自体は7時間近いものですが、 「C×Mシーバイエム」を実施したのはそのなかでもほんのわずか。トータル6分ほどでUUを300万人も集めたことになります。これは私たちにとってもインパクトがありました。

QUOカードPayへの期待・可能性は?

「より多くの人の興味・参加意欲を刺激できる魅力的なインセンティブとなり 得ます。」

CMにリアルタイムな体験という価値を与えようとする新しい広告「C×M シーバイ エム」の導入を推進するための取り組みには、低コストで大量に配布できるデジタル ギフト、QUOカードPayが存在感を発揮しています。CMを放送するスポンサーに とっても視聴者の参加ハードルが低く、ブランディング、コンバージョンなど目的に 応じてコンテンツを展開できる「C×M シーバイエム」は選択肢のひとつとして魅力と なります。キャンペーンを実施する際も、クライアントの自社製品などに加えて QUOカードPayをインセンティブとして活用することでより多くの参加者の興味を 喚起し、参加意欲を刺激することができるのではと考えています。

株式会社フジテレビジョン

関東広域圏(1都6県)をエリアとする地上波テレビ放送局。ドラマ、バラエティー番組、報道・情報番組、スポーツ番組など様々な番組を制作し、日本各地のテレビ局28社で構成されるFNS系列のキー局として全国に届けている。CS放送でも3チャンネルを運営。放送以外にも、映画事業、イベント事業、動画配信事業など様々なコンテンツビジネスを展開している。日本最大のメディア・コングロマリットである「フジサンケイグループ」の中核企業である。

他の活用事例

株式会社ティーガイア様

業種 IT・情報通信

株式会社リアルクロス様

業種 インターネット附随サービス

QUOカードPay ご紹介資料

QUOカードPayご紹介資料

QUOカードPayのサービス概要から使い方までまとめた資料をダウンロードいただけます。

・QUOカードPayの特徴
・ご利用の流れ
・ご注文の流れ
・配布機能
・使えるお店
・発行手数料ほか注文に際しての注意点